korentoの日々の手仕事ノート

手仕事のようすを記録していきます。

花亀甲の刺し子ふきん

三寒四温

春めいてすこし暖かくなったかと思えば、寒のもどりの日々。

気温の変化に負けずに体調も整えたいです。

春の訪れが楽しみで、刺し子の糸の色も明るい色を選ぶことが増えてきました。

街を歩く人の服装もすこしだけ明るく軽くなってきたように感じます。

 

花亀甲

24枚目の刺し子ふきんは花亀甲。

ホビーラホビーレさんの図案付き晒と飛騨さしこさんの刺し子糸を使用。

f:id:korento:20190312121220j:image

花亀甲の刺し子ふきんは2枚目。

以前刺した花亀甲は下の記事に載せてあります。

 

 

www.koreiton.com

 

f:id:korento:20190312121628j:image

f:id:korento:20190312121632j:image

今回は段染め糸にしてみました。ところどころが白く、全体的にグラデーションになっていて面白いです。

やっぱり出来上がり後のしわの寄り具合は気になりますが、すこしだけマシになったかなと。縫っている途中で針を抜いた後、必ず布をしごくようにしています。

 

裏地はこんな感じ。

表地と裏地の間に糸を通さずに、裏地まで通して縫っています。裏地をスッキリさせようとするなら、表地と裏地の間に糸を通す必要があります。ただ、針の動きがその度に止まるので時間と手間がかかります。そして心理的にもストレスが...。サクサク針を刺させることが癒しなので、この方法をとっています。

f:id:korento:20190312123734j:image

亀甲というだけあって、亀の甲羅のような模様。とても可愛いです♡

また刺し子したい模様です。

f:id:korento:20190312124307j:image

ものを持たない暮らし

断捨離やミニマリストというライフスタイルが流行した頃から、わたし自身もできるだけものを減らしたいと思うようになりました。

節約したいという気持ちからもあるけど、自然にできるだけ負担をかけないように暮らすことが大事だと思うようになったからです。

毎年、大きな災害が増え、気候も厳しくなってくることで考えるようになりました。

それでも、ゴミをなにげなく出していたりするので、ちっともエコな生活はできていないのですが。

今一番気になっているのは、ウェットティッシュ。

お店に行くと棚に大量のウェットティッシュが置いてあります。それも何種類も。

便利なのでついつい使ってしまうのですが、むやみに使ってゴミを増やさないために、汚れたらタオルやふきんで拭いて、洗って再利用したい。

プラスティックゴミもできるだけ増やさないようにしたい。

そんなふうに理想はたくさんあるけど、まずは買い物をするときに、欲しいからすぐに飛びつくのではなく、じっくりと本当に自分の生活に必要なものなのか、他に代用するものはないのかを考えたいと思います。

身の丈に合った、自然にできるだけ負担をかけない、ものを持たない暮らしを心がけたいです。

それから刺し子にハマってから手芸用品がたくさん増えてきているのですが(結構これが悩み)、むやみに増やさず工夫しながら楽しみたいです。

 

【ホビーラホビーレ】刺し子・花亀甲

【ホビーラホビーレ】刺し子・花亀甲