korentoの日々の手仕事ノート

手仕事のたのしみを綴っていきます。日常で感じることなども大切に。

ブログ名を変更しました

ブログ名を【korentoの日々の手仕事ノート】に変更しました。今後は針仕事だけでなく、幅広く好きな手仕事のことを書いていくことにします。ひとつのことに特化させず、日常の雑感も含めた、ゆるゆるのブログになるかと思いますが、どうぞよろしくお願いします。

旧ブログ名【刺し子生活】は自分なりに考えて決めたけど、前面に出し過ぎてしまったのかなと。刺し子の初心者なのにって思われる方もいるでしょうし。自分らしく楽しみながら書いていこうと思います。

ブログを途中でやめてしまう人って多いそう。確かに、ブログ運営のためにする作業の量や、考えておくことがたくさんある割に報いが少ないと気づくとやめるのでしょう。もちろん理由はそれだけではないだろうけど。

合理的な考えの人ほど、早めに離脱というか見切りをつけると思う。費用対効果という意味では、とてつもなく効果が低いのがブログ…。わたしは、報いの方はまったく望めそうにないので、趣味の一環で自由に楽しんで書いていこうと思います。

Googleアナリティクスの評価は読んでいると結構バッサリ書かれていて、「客観的事実にしてもちょっと凹んじゃいますよ」と思うのですが、気にせずに自分らしく書こうと思います。

データ比較して「悪い」と赤文字で書いてあるのを見て、おぉ〜となりました。上司が部下に同様の表現で問題を指摘したら、みるみるうちに人間関係がギスギスする光景が目に浮かびます。今4月ですが、新入社員にそんな指摘しちゃったら、明日から来なくなるのほぼ決定。出社拒否どころか、下手したら音信不通になる。新入社員が音信不通になって辞めるのは実際にあるので、教える側が逆にものすごく気を使っていますよね。音信不通になっても、会社は法的にはすぐに解雇できないらしい。数ヶ月間、幽霊社員がいることになって、自分たちのクビをしめることになりかねない。

今の風潮、「パワハラで訴えられたくないから」が決まり文句みたいになっていますね。ドクターXの大門未知子みたいにバッサリ言い切れるといいのになと誰もが憧れるけど、そうはいかないのが現実社会。

話がさらにそれてしまうけど、英語の自動翻訳ってハッキリクッキリの角ばった日本語表現になるの、AIの時代というのになんとかならないのかしら。それだけ、日本語の表現が曖昧さを含んでいて複雑ということなのかな。日本語って本当に難しい。

文章を書くのは苦にならない方だけど正直、ブログというかネットって、いろいろめんどくさいな〜という気持ちになっていたのですが、心機一転ブログ名を変えて、当ブログをひっそりと育てていこうと思います。もう一つサブとして、はてなブログを立ち上げようかとも考えましたが、同じような内容なら当ブログを続けていこうと。

拙いブログですが、どうぞよろしくお願いします。

購読中のブログは拝読させていただいております。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。