korentoの日々の手仕事ノート

手仕事のようすを記録していきます。

刺し子小物〜一目刺しのコースター りんご〜

やっと桜の花が満開となり、お天気も快晴で気持ちのいい週末となりました。明るいポカポカ陽気で春爛漫といった感じです。

 

さて、大好きな刺し子ですが、刺し子ふきんばかりつくるのでなく、たまには趣向のちがったものをということで、一目刺しのコースターをつくってみました。

刺し子小物シリーズです。

藤久さんのオリジナル刺し子キットを使用。刺し子糸はホビーラホビーレさん(赤)のもの。外枠のやまぶき色の刺し子糸はどこのものなのか、未だに不明です…。

刺し子糸の管理も、これからしっかりとしたいものです。

 

一目刺しのりんごの模様。こちらは伝統模様でないから、モダン模様としてもいいのかな。

モダン模様は伝統模様の対義語として考えついた造語です。

とても愛らしい模様。オリムパスさんの刺し子ふきんのキットにりんごの模様があるのですが、次はそちらを刺す予定にしました。

 

このキットは紺色の布に図案がプリントされています。コースター用の小さい布なので、刺し子はすぐに終わってしまいます。

f:id:korento:20190407010025j:image

キットの説明には、刺し子を終えたら、紺色の布の端を裏側に織り込んで外枠を縫うように指示がありましたが、裏地を後から縫いつける方法にしました。

 

↓裏地はこんな感じ。

f:id:korento:20190406231702j:image

裏地と縫い合わせて、返し口からひっくり返してコの字縫いで閉じました。

うーん、形がどうもいびつだな…。でも、まぁはじめてなので良しとしよう。

この一目刺しのコースター、とても簡単に短時間でできるので、刺し子ふきんばかり刺していて疲れたときの気分転換にいいかもしれません。脳内リフレッシュされるので、とてもいいです。