korentoの日々の手仕事ノート

手仕事のようすを記録していきます。

7色の糸でキラキラの星と菱形の刺し子〜星と三つ菱〜

星と三つ菱

37枚目の刺し子ふきんは星と三つ菱を刺しました。

オリムパスさんの図案付き晒を使用。

刺し子糸は、7色のカラフルな段染め糸は飛騨さしこさんのもの。

f:id:korento:20190510105446j:image

f:id:korento:20190510105731j:image

とてもポップで可愛い模様なので、7色の段染め糸でカラフルにしてみました。

星の模様なので七夕のときに刺すと、より季節感が出て楽しめると思います。

 

星の周りに菱型が5個散りばめられているけど、それが見ようによっては三菱になっているという、とても面白みのある模様です。見方によっては見える模様が違って見えるという、目の錯覚効果もあって、見るということの目のトレーニングにもなります。

他のメーカーさんではこの模様を見ないため、オリムパスさんオリジナルの一目刺しの模様のようです。

 

オリムパスさんの図案付き晒には、それぞれに説明書がついています。毎回読むたびに初心者にはとても親切だなと思います。(説明書の写真は著作権保護のため掲載できません)

わたしは「誰にでもわかりやすく丁寧に対応する」というスタンスが何事も好きです。

ちょっと理屈っぽくなってしまうけど。どんなターゲットが対象になるのかによって説明方法が変わるとはいえ、万人にとって理解しやすいように説明しようとする姿勢はとても大切。あと、具体的な数字も取り入れて書いてくれると、イメージもしやすいし、より理解も深まります。

 

二面性を楽しめるのが刺し子

↓裏地はこんな感じ。

 

f:id:korento:20190510112320j:image

刺し子糸を裏地まで全通ししています。裏地をスッキリさせるのも美しいですが、はじめて刺す模様は裏地の出来上がりも楽しみなので、全部糸を通しています。

表も裏も二面性を楽しめるのが刺し子だと思います。

出来上がって裏地を見て、あ~こんな模様になるのかという発見も楽しい。

フランス刺繍は裏地を見て残念になることがあるのですが、刺し子は裏地の模様も美しいことが多く、見て楽しめます。

 

全体像

f:id:korento:20190510112354j:image

サクサクと刺し続けて、途中の晒のしごきが足りなかったのか、全体を見ると歪んでしまいました。いいかげんに出来上がった後に歪みが出ないように刺していきたいものです。

 

一目刺しは模様の隙間が詰まっていると、時間も労力も刺し子糸もたくさん使うのですが、この星と三つ菱は隙間がわりと空いているので、サクサクと刺すことができました。模様の可愛らしさで楽しい気持ちになれたのもあるのかもしれません。

 

 

 

 

オリムパス製絲 刺し子キット 一目刺しの花ふきん 星と三つ菱 紺 SK304

オリムパス製絲 刺し子キット 一目刺しの花ふきん 星と三つ菱 紺 SK304