korentoの日々の手仕事ノート

手仕事のようすを記録していきます。

華麗に咲き誇る花の女王〜ローズガーデン〜

ローズガーデン

5月に入って、街中のあちこちでバラの花が咲き誇っています。バラが咲いていると、思わず立ちどまって眺めてしまいます。

 

42枚目の刺し子ふきんはローズガーデンを刺しました。

オリムパスさんの図案付き晒を使用。

刺し子糸は染織アトリエKazuさんの細糸(赤色)と、ホビーラホビーレさんのもの(緑色)を使用。

f:id:korento:20190528164046j:image

このローズガーデンは、オリムパスさんのオリジナルの模様なのかな。とてもきれいな一目刺しのモダン模様です。

中心のバラの花の部分(赤色)と、茎と葉っぱの部分(緑色)に分けて刺し子しました。

別に何も奇をてらったつもりはなくて、ローズガーデンのバラの茎と葉っぱを表現したかっただけなのですが、出来上がるとあきらかに間違えたと気づきました。わたしの空間認知能力は大丈夫なのかしら。

よく見れば本来の模様は、緑色の部分もふくめて花びらなのだと気づきます。でも、刺し子に正解はないと、これでもいいかと思って、こちらに書いています。

 

f:id:korento:20190528164104j:image

 

↓緑色の部分は表地と裏地の間に針を通して糸を渡しました。裏地に緑色の糸は出さないように。

f:id:korento:20190528170657j:image

 

↓裏地はこんな感じ。もうすこし、スッキリさせたかった。

裏地の美しさと利便性を追求するのはまだまだです。あまり裏地に糸が出ていると引っかかりやすいと思うので、利便性の意味でもスッキリさせたいものです。

f:id:korento:20190528164116j:image

 

 ↓全体はこんな感じに。ヨレヨレになってしまいました。緑色の部分で表地と裏地の間に糸を通すときに、しっかり糸を引かずにたわんでいたり、詰まった感じになることが多かったからかと思います。表地と裏地の間に糸を通す作業がとにかく苦手です。

f:id:korento:20190528164121j:image

 

刺し終わった後に、Instagramでこのローズガーデンを検索してみたら、皆さん単色で刺し子していて、とてもきれいなバラの花びらを表現されていました。

やっぱり、単色で刺す方がいいかもしれません。大輪のバラを刺し子するイメージで。

 

ばら園

5月中旬の日曜にばら園に行ってきました。とてもいいお天気で、ばら園に散策に来られている方も多かったです。

皇室のプリンセスの方々のお名前がついたバラもありました。イギリス王室のシャーロット王女のバラも。

花に詳しくはないのですが、バラの花は手入れが大変だろうなと思います。虫がつきやすそうですし。それでも、バラはとても華やかでいいなと思いました。やさしい気持ちになれますね。

f:id:korento:20190528171410j:image


f:id:korento:20190528171405j:image

 

f:id:korento:20190528171512j:image


f:id:korento:20190528171401j:image

このばら園で見たバラの花をイメージしながら、刺し子しました。

ローズガーデンという名前の模様なので、茎や葉っぱもあるだろうと想像しながら刺し子したため、緑色の刺し子糸も使用した次第です。

今度、このローズガーデンを刺し子するときは、単色の刺し子糸で刺してみたいです。