korentoの日々の手仕事ノート

手仕事のたのしみを綴っていきます。日常で感じることなども大切に。

初心者におすすめされている刺し子ふきん〜オリムパスのみんなできちゃうシリーズ 七宝つなぎ〜

ほんとうの初心者向けに考えられている図案の刺し子ふきん

50枚目の刺し子ふきんは、オリムパスさんのみんなできちゃうシリーズの七宝つなぎを刺しました。

刺し子糸は、染織アトリエKazuさんのもの、外枠はホビーラホビーレさんのものを使用。

f:id:korento:20190626110127j:image

オリムパスさんのみんなできちゃうシリーズを刺したのは、この七宝つなぎが2枚目です。

 

1枚目は角七宝を刺しました。

 

www.koreiton.com

 

みんなできちゃうシリーズには、あと、千鳥つなぎと飛び麻の葉があるそうです。

みんなできちゃうシリーズは、模様刺しの刺し子の図案のラインナップなのですが、やっぱり刺し子をはじめる時は、模様刺しから選ぶのがいいようです。

模様刺し以外の刺し子の技法には、一目刺し、くぐり刺しがあります。

模様刺しのなかでも曲線の場合は、直線よりも刺しにくいため、すこし難易度が上がります。

ただ、針目が大きい図案になっているため、曲線の模様でもかなり刺しやすいので、こちらのみんなできちゃうシリーズで練習してから、通常の図案の模様を購入して、刺し子するのもいいと思います。

 f:id:korento:20190626125953j:image

この図案は一目が5〜6㎜あります。

そして、隙間も大きく取ってあるので刺しやすいのです。

オリムパスさんの説明書に「針目が大きくかんたん!」と書いてあるだけに、ちょっと戸惑うくらいに針目が大きいです。視力に自身のない方にとっては、とても優しい図案ですね。

 

刺し方の手順

わたしは、まずは下の写真の、赤色のラインで示しているように、らせんを描くようなイメージで刺していきました。

青色のラインは曲線をつなげていくようなイメージで刺しています。

f:id:korento:20190626125710j:image

らせんを描くような曲線のラインを、ひたすらつなげて刺し子していきました、

 

f:id:korento:20190626130008j:image

裏地はこんな感じ。表地の針目が大きいためか裏地はすこし針目が小さめですね。

f:id:korento:20190626130023j:image 

全体図。模様刺しは段染め糸を選ぶと、グラデーションの美しさを楽しめます。もちろん、単色の糸でも綺麗に出来上がります。

f:id:korento:20190626130036j:image

 

初心者ってなんだろう

インターネット上で、刺し子の情報が一番タイムリーにたくさん掲載されているのは、Instagramなのかなという印象があります。

刺し子をはじめようというときに、【刺し子 初心者】で検索する方が多いと思うのですが、わたしも良くこのワードで検索しています。

Instagramの検索で、この【刺し子 初心者】と入力してみると、ハッシュタグで上位に刺し子 #初心者のタグのレベルが高すぎてビビる というものが出てきて、この絶妙な言葉のセンスの良さにクスッと笑わされながらも、首をたてに振って激しく同意しています。

f:id:korento:20190626144946j:image

いや、これは初心者レベルじゃないでしょ〜と思うくらいに、ほんとうに刺し子の皆さんのレベルがとても高いのです。

ほんとうの刺し子の初心者さんが、刺し子ってなんか楽しそうだしやってみようかしら〜と思っても、初心者のハードルがめちゃくちゃ高いとなると尻込みしてしまい、せっかくのやる気も消失してしまいかねません。もったいないですね。

刺し子の初心者さんに向けておすすめされている、オリムパスさんのみんなできちゃうシリーズの刺し子ふきんがあるよ〜と、もっと広まっていけばいいのにと思います。

 

さいごに

今回、わたしが使ったのは図案付き晒のみなのですが、キットの方には仕立て済みのふきんが入っているので、すぐに刺し子をはじめられるそうです。

晒のみを購入すると、まず仕立ての作業から自分でしないといけないのですが、仕立て済みなら簡単にはじめられると思います。キットを試していないので、大きく書けないのですがどうぞご参考までに。