korentoの日々の手仕事ノート

手仕事のたのしみを綴っていきます。日常で感じることなども大切に。

ドラマ【凪のお暇】の第9話はそれぞれが変わる転機となった回だった

ドラマ【凪のお暇】がとうとうクライマックスに近づいてまいりました。

残り来週の最終回で終わってしまいます。

このドラマ、面白すぎてあっという間でした。途中で、なかだるみするようなことはなく、毎回釘づけになって観ていました。

本当に終わるのが寂しい限りです。続編を激しく希望です。

第9話をまだ視聴していない方はネタバレにご注意ください。

 

www.tbs.co.jp

 

慎二のお暇終了からはじまった第9話。

坂本さんと緑さんの会話のなかの「いっそキライになれたらいいんだけどね。家族ってやっかいよねぇ。」という緑さんの言葉から、今回の話の展開が進んでいきます。

松山の有名な旅館の跡取り娘だった緑さん、結婚式直前にトンズラしてしまったという家族との複雑な過去過去がやはりあったのですね。トンズラして実家も許嫁も押し付けてしまった妹さんが、病気であると伝えに弁護士が自宅まで来ていました。

来週の最終回で、緑さんの過去をふくめた話が詳しく出てきそうですね。

 

今回、市川さんの姿も見ていてヒリヒリしました。

健気にがんばっても空回りばかりする市川さん。

でも、市川さんのような【空気クラッシャー】の性格の女性って、意外と多いですね。本人は悪気がまったくないから、周りとの疎外感がよけいにつらいのかな。幼い頃から可愛い可愛いと、周りからちやほやされて育ってきたなかで自然と身につけてきた女性独特の性格。あまりちやほやされて育つというのも、大きくなってからの人間関係でつまずく要因をつくってしまうのかなと、ふと感じる市川さんの言動。

追いかけてきた慎二に「すこしはわたしのこと好きでした?」「どこが好きでした?」と相手に聞いてしまうあたりが、【空気クラッシャー】と呼ばれるゆえんなのかなと思ってしまいました。

要らぬこと聞かなきゃいいのに。

慎二はもちろん答えられるわけないし、見事にビンタされていました。

市川さん、これから【空気クラッシャー】を卒業して成長していけるといいねと、ひそかに応援する気持ちになりました。

 

スナックで中禅寺森蔵ママが「あんたと我聞ちゃん、似た者どうしだもんね」と言います。後半に凪ちゃん自身が慎二の様子を見て、そのことに気づきます。

慎二が自分の家族のことを「イワシみたいに同じ方向見て泳ぐ滑稽な家族」と表現していたと、スナックの杏さんから聞いて、考え込んでしまう凪ちゃん。もしかしたら、自分の家族関係とも似ているのかもしれないと思ったのかな。

 

ゴンさんの顔の謎の怪我を見てびっくりする凪ちゃん。ゴンさんと二人でまたピクニックへ出かけます。

ゴンさん「人って変われると思うよ。本当に変わりたいと思ったら」と凪ちゃんに語るシーンが印象的でした。

実際にゴンさんが、一番本気出して変わろうとしているなと。

一切ぶれることなく。ゴンさんの芯の強さ本当にすごいです。

 

慎二の祖母の米寿のお祝い会で両家顔合わせをします。そこで、慎二の母が調査したのか、夕凪母娘の嘘を全部暴露し、お車代を渡して帰るように言い渡します。

そこで、慎二の兄のYouTuberギャモン(我聞)慎一がグッドタイミングで登場。我聞家の仮面家族ぶりをすべて暴露します。

それをフォローしようと必死になって右往左往する慎二の姿を見て「おんなじだ。おんなじ。この人わたしだ」と心のなかでつぶやきます。

慎二の兄が立ち去った後、「みっともないご家族」と言い放つ毒親の母。

それを聞いた凪ちゃんが、心の内をさらけ出します。

「きらい。お母さんがずっと。罪悪感あおって言うこと聞かせようとするところとか。外ではいい人ぶるところとか。自分のできないことをわたしに期待するところとか。きらい」

「だけど、お母さんかわいそう。ひとりぼっちだから。前のわたしみたいに、周りに誰もいないんでよね、本当の気持ちこぼせる人が。だからわたしが必要なんだよね」

「ごめん、わたしお母さんのためには生きられない。自分でなんとかして!わたしも自分で自分をなんとかするから。

期待に応えられなくてごめん」

「もう、期待に応えない自分の方が、みっともない自分の方が、わたし生きてて楽しいんだ」と一気に毒親の母に伝えます。

そして、「もうやめよう、空気読むのやめよう。行こう慎二」と慎二に言って、お祝い会の会場を出ます。

やっと言いたいことを言えた凪ちゃん、本当に良かったねと、ホッとしました。

それでも「お母さんにひどいこと言った」と凪ちゃん号泣します。慎二もつられて一緒に号泣していました。

わたしは、「みっともない自分の方が、生きてて楽しいんだ」と親に向かって言えるって素晴らしいと思います。どんな自分でも親に受け入れてもらえないって、自尊感情にものすごく影響すると思うのです。常に親の期待に応えないといけないって、確実に精神を病むと思う。

そこを拒絶して、自分らしく生きていきたいと自己表明できた凪ちゃん、それだけでも立派だよと言いたくなりました。

 

この回を通して、やっぱり一番本気出して変わったのはゴンさんでした。

最後に車の前に飛び出して、凪ちゃんと慎二の前に突然現れます。

ゴンさんが他の女の子たちに渡していた合鍵を全回収してきたと伝え、愛の告白をするところで第9話は終了。ゴンさんの顔の謎の怪我の理由がここでわかりましたね。

なんども言うけど、一番筋を通して前を向いて努力していたのは、ゴンさんでした。

 

それでも、この第9話は、それぞれの人物が、前を向いて変わる転機となる回だったのかなと思いました。

とにかく、いろんなことを考えさせてくれるこのドラマ【凪のお暇】が本当に面白いです。

来週がもう最終回なことが信じられません。

凪ロスになりそうな予感です。

 

 

 

www.koreiton.com

 

 

www.koreiton.com

 

 

www.koreiton.com

 

 

www.koreiton.com

 

 

 

金曜ドラマ「凪のお暇」公式ヴィジュアルBOOK (書籍扱い)

金曜ドラマ「凪のお暇」公式ヴィジュアルBOOK (書籍扱い)