korentoの日々の手仕事ノート

手仕事のたのしみを綴っていきます。日常で感じることなども大切に。

【ソーイング・ビー】のこども用サマードレス

Eテレ【ソーイング・ビー】の第5回は、こども服対決でした。

こども用のサマードレスをつくります。

 

 

こども服対決

冒頭の、サマードレスのつくり方を見ると、一見シンプルなデザインに思えたのですが、胸元のギャザー(シャーリング)をいかにつくるかがポイントだなと思いました。

こども服なので、丈夫であるという機能性も重視されます。

 

ポイントは、シャーリング袋縫い肩ひもの3つを、基本に忠実に丁寧につくることのようです。

【シャーリング】

胸元のギャザーのことですが、型紙にはシャーリングを何本入れるかについて指示が書いていないため、参加者が自分で本数を決める必要があります。

【袋縫い】

生地の表面をまず外側に合わせてまず1本に縫って、それを裏返したらアイロンがけをしたらもう一度縫います。2回縫って丈夫さを出します。

 【肩ひも】

生地を筒状に巻いてつくります。生地を45°の角度でバイアス状に裁断して、縦に縫って筒状にしてひっくり返す手順に沿ってつくっているかがポイントです。

 

ローレン

袋縫いのやり方にとても手馴れている感じでした。

シャーリングを縫うとき、ミシン台に線がわかりやすいように、マスキングテープで目印をつけていました。良いアイディアだなと思います。

型紙通りにきれいにできていると審査員のパトリックが絶賛。肩ひもの出来が特に素晴らしかったと言っていました。

あれ?毎回思うのだけど、パトリックはローレンに甘い評価が多くない?もちろん出来は素晴らしかったのだけど。

 

アン

長年のソーイングのキャリアで、こどもや孫の服もたくさんつくってきたアン。【ソーイング・ビー】に参加したことで、その思い出が蘇ってきたのではないのかな。こども服をつくった思い出だけでなく、完成した服をみたこども達の表情も。

シャーリングが等間隔で、袋縫いもきれいに仕上がっているという高評価でした。さすがアンです。

 

スチュアート

友人のこどもにつくったベビー服が、出来上がったらカーテンみたいな生地の全然可愛くないものだったと失敗談を話すスチュアート。

良かれと思って手づくりをするけど、全然喜ばれないのって、手芸好きにとって、あるあるのような気がします。そして、万国共通?

シャーリングが2本で少ないため、こども服の丈夫さが欠けた仕上がりになっているという評価でした。それと、袋縫いの幅が大きいので、ソーイング技術の未熟さを指摘されていました。

 

サンドラ

シャーリング用の糸を、他の参加者は糸をボビンに手で巻いていたのを、前にもやったことがあると言って、ミシンを使って上手く巻いていました。3人娘のお母さんだけあって、これまでのソーイング経験が活きるのですね。

作業途中で、「シャーリングを8本も入れてしまった」と後悔していたけど、審査ではきれいにできていると高評価でした。ですが、型紙通りに肩ひもをつくらないと、頑固にオリジナル道を突き進んでしまったことが、全体的な評価を下げてしまったようです。

 

ドレスのリメイク対決

シンプルなドレスを、1時間半で、劇的にデザインを変更するリメイク対決です。

ローレンが思い切ったことをやりたい!と言うのを、司会のクローディアも「やっちゃえ!」と焚き付けていました。見ているこっちが「大丈夫か?」とハラハラする場面も。スカートを切るので、失敗したらやり直しは不可能です。

サンドラにも準決勝だから審査員も大胆さを求めているとか言っていたり。熱がこもっていましたね。

スチュアートのドレスも「抜本的に変える」と言っていて、斬新なデザインに出来上がりそうで楽しみです。審査員の指示に従おうとするところが、スチュアートっぽいですね。

アンのドレスのリメイクの場面が少なめに感じたので、思うように完成できたのかが、ちょっと心配です。

 

まとめ

やはり今回も、型紙通りにしっかりつくるということと、ソーイング技術の丁寧さも、審査の基準になっていると感じました。

いかにソーイングの基本に忠実かがポイントなのですね。

「自分の思うように自由にしたらいい」だけではダメなのだということが、わかりました。これはジャンルは違えど、自分自身の手仕事にも生かすべき点です。

勝ち負けにこだわることに批判的な意見もあるけど、こういうコンテストで厳しい審査を受けることは、技術の向上にもつながるのだなと思いました。

さて、次回はジャケット対決。

ソーイング・コンテスト【ソーイング・ビー】のチャンピオンが決まるのも目前、といった感じになってきました。今後のコンテストの進展が、ますます楽しみです。

 

 

www.koreiton.com

 

 

www.koreiton.com

 

 

www.koreiton.com