korentoの日々の手仕事ノート

手仕事のたのしみを綴っていきます。日常で感じることなども大切に。

Instagramをものづくり用のポートフォリオとして使ってみる

 

f:id:korento:20190625152417p:plain

わたしは手仕事が好きで、今はおもに刺し子やフランス刺繍を楽しんでいるのですが、このブログを開設する前はInstagramに作品を投稿していました。

ここ数ヶ月間Instagramは、ほとんど見ることがなかったのですが、やっぱりものづくり系はInstagramもチェックしておかないと、情報がキャッチできないような気がしています。

最近までInstagramのアカウントを削除しようか考えていたのですが、この数日間でもう一度Instagramを自分なりに活用することについて考えていました。

 

Instagramの不具合

Instagramを使っていると、時折不具合が起こることがあります。

www.koreiton.com

 

不具合は他のSNSアプリにも起こることなのですが、Instagramにもともとアプリとしての使いづらさを感じていたのもあります。(詳細は書きませんが)

今年の2月に、ブログへ作品投稿のプラットホームを移して、手仕事のことだけでなく、好きな文章も書いてきました。

ですが、「わぁいいなあ!」と感銘を受けるような、様々なジャンルに渡るものづくりの作品の写真をたくさん見られ、刺激も受けることができるInstagramのメリットは捨てがたいものがあります。

 

 

Instagramは海外のものづくり系の情報もキャッチしやすい

この前、わたしが書いた『【ソーイング・ビー】のローレンのその後が気になる』という記事を読んでいただいた親切な方が、「ローレンは現在自分のお店を持っていますよ」とサイトのURLを添付して教えてくださりました。

そこで、まず飛んでみたのがローレンのInstagramのアカウントで、そこにはお店の情報だけでなく、なんとママになっているローレンの姿まで載っていて、ローレンのその後を垣間見ることができたのです。

「わぁ、ローレン、がんばって夢を叶えたのね!」とただただ嬉しくなりました。

 

www.koreiton.com

 

Instagramは海外の方からダイレクトに英語でコメントがくることがあります。

刺し子を独学ではじめたばかりの超初心者のわたしになぜか、

「今度日本に行くけど、おススメの刺し子のワークショップはどこですか?」

という質問がやってきたり…。

「ごめんなさい、わかりません」としかお返しできませんでした。

 

写真がメインの視覚的情報が圧倒的に優位なSNSということもあり、海外の方にフォローされやすい面もありますね。

Twitterでは、そういうことはあまりないのではないでしょうか。ちなみに、わたしは今まで一度もありません。

海外でものづくりを仕事にしている人や、趣味でものづくりを楽しんでいる人たちの情報をキャッチしやすいという大きな利点が、Instagramにはあると思います。

 

Instagramを自分の作品のポートフォリオとして使ってみる

いろいろと考えた上で、本来は削除しようかと考えながら放置していたInstagramアカウントを、ポートフォリオとして活用してみることにしました。

もともとポートフォリオ的には使ってはいたのですが、より簡潔に作品集のようにまとめて載せておくのもいいのではないかと。

 

なぜこのように思ったのかというと、【ソーイング・ビー】のアンのFlickrのアカウントを見つけてからです。

↑こうやってポートフォリオのように写真を残しておくと、作品を誰かにプレゼントしたとしても、のちのち記録として見返すことが、容易にできるのではないのかなと思いました。

 

まとめ

  • このブログはつくったものを文章とともに載せる
  • ツイッターはブログ記事の更新のお知らせ(あまりできていませんが…)
  • Instagramはポートフォリオとして載せる

ブログとSNSの3つの活用方法について考えてみました。

 

全然文章がまとまっていませんが、せっかくつくったInstagramのアカウントは残しておいた方が良さそうだから、ポートフォリオ的に使ってみようと思った話です。