korentoの日々の手仕事ノート

手仕事のたのしみを綴っていきます。日常で感じることなども大切に。

手編みの靴下〜KFSオリジナルカラー 気仙沼 紫陽花〜

手編みの靴下

もはや、わたしの精神安定剤的な手仕事になっている、靴下編み。

9足目の靴下が完成。

 

9足目ともなると、編む手順がひととおり頭に入っているので、「あーでもこーでもない」と試行錯誤することなく、ただひたすら無心になって編めます。

 

f:id:korento:20211127145733j:image

 

毛糸はKFSオリジナルカラー 紫陽花を使用しました。

針は近畿輪針さんのSeeknit 1号を使用しています。

 

編み方

編み方は、【輪針1本で左右同時にできる 手編みの靴下】という本を参考にしています。

本当は左右同時編みを習得したかったけど、まったくの初心者だったので、片方ずつ編むことにしました。

そもそもが、棒針編みをはじめたばかりの、編む手もおぼつかない状態だったので…。

 

つま先から編む、編み方です。

自分なりにすこしアレンジしました。

 

ターキッシュキャストオンで作り目12目

つま先: 18段30目まで増やし目

甲まわり: 64段メリヤス編み

ドイツ式引き返し編みでかかとを編む

足首から上: 57段メリヤス編み

履き口: 8段1目ゴム編み

伏せ止めはこの方法で

Cat Bordhi-PERSONAL FOOTPRINTS-Jeny's Surprisingly Stretchy Bind-Off


www.youtube.com

本に載っているロシア式伏せ止めの編み方だと、わたしの理解がまずいのか、ものすごくきつい詰まった履き口に…。

脱いだり履いたりしにくい、とてもストレスフルな靴下になったのです。

まったく機能的ではない靴下に仕上がってしまったので、ちがう伏せ止めの方法を探していたら、このYouTubeにたどり着きました。

この伏せ止めのおかげで、着脱しやすい靴下になり満足です。

 

ただ、かかとに穴が開いてしまうのが難点…。

まだまだ、改良が必要です。